ランドスケープコンサルタンツ協会賞(CLA賞)


受賞・発表

ランドスケープコンサルタンツ協会賞(CLA賞)

修験道の霊山「求菩提山」甦る修験の至宝~求菩提山史跡修復整備(福岡県豊前市)

集中豪雨により崩落、変形した国指定史跡求菩提山(福岡県豊前市)内の参道及び石垣の修復に関する研究・設計業務。来訪者の安全確保、史跡の価値の保全を目的とするとともに、今後想定される崩落や変形の対応策を立案した。共存が難しい「石垣」と「樹木」の関係性及び参道洗掘の防止策等の研究・修復整備設計、宗教法人国玉神社の参画を特徴とする。

(2012年CLA賞 設計部門 奨励賞/発表者:棚町修一、塚田和哉)

受賞発表会展示ポスター(PDF)

 

人を元気にするパワーが宿る筑後国一の宮「高良山」~高良山保存整備活用計画(福岡県久留米市)~

福岡県久留米市の貴重な自然・歴史文化資源であり、市民の心のよりどころとなっている高良山、高良大社の保存活用を図るために、史跡等の歴史資源の保存整備・活用と合わせて宗教法人高良大社の経営基盤の強化を目的として、公共性の高いものと宗教法人としての性格が強いものに資源・事業等の棲み分けを行い、行政連携(福岡県・久留米市・高良大社など)と民間連携(地域・大学・関連団体など)の2つのタイプのプロジェクト計画を立案した。
(2012年CLA賞 調査・計画部門 奨励賞/発表者:棚町修一、塚田和哉)

受賞発表会展示ポスター(PDF)

 

福岡市 緑のコーディネーター 公共空間を創造・保全する担い手育成の取り組み

「自由かっ達で人輝く自治都市・福岡をめざして」を将来像に掲げる福岡市は、共働事業及び市民公益活動の推進に力を注いでいる。福岡市緑のコーディネーターは、緑の市民活動支援事業として、花と緑を通して社会参加意欲を持つ市民を対象に緑化ボランティアのリーダーとなる人材養成を行い市長が認定する制度で、「行政と市民を結びつける接点」として活躍するとともに、緑化推進事業や緑の相談業務も参画している。草創期から取り組んだ人材育成プログラムの内容と考察発表した。
2012年CLA賞 マネジメント部門 奨励賞/発表者:貞清潔、大杉哲哉、十時裕、塚田和哉、本村嘉邦、小峯裕)

受賞発表会展示ポスター(PDF)

 

石塀と武家門のある小広場の設計〜城下町の町割が残る歴史的街なみにおける小広場の設計〜

中村地区街なみ環境整備事業地区(現対馬市)において、城下町の町割が残る歴史的な地区への玄関口として、地区の歴史的景観の構成要素である武家門と石塀を活用し、地区の雰囲気をイメージした小広場を創出した。①「武家門」と「石塀」のデザイン(対馬の築造手法を踏まえながら周辺の町並みに調和)、②町割を活かした空間整備(一つの宅地としてのイメージ継承、生活のにおいの醸成)、③地元住民とのデザインの共有(「美しい中村を守ろう会」の組織化、整備後の活動)を特徴とする。
(2011年CLA賞 設計部門 優秀賞/発表者:大杉哲哉、勝野靖弘、塚田和哉、矢舗雅史)

受賞発表会展示ポスター(PDF)

 

鹿児島市景観計画

鹿児島市は、平成19年に景観法に基づく景観計画を策定した。錦江湾に浮かぶ桜島への眺望確保、薩摩の歴史を感じるまちなみ景観醸成などを実現するため、コンサルタントとして、高さや色彩などについて客観的な景観誘導のための定量的基準の設定及びシミュレーションや測量手法による検討を提案実施した。また、市民と行政の橋渡しとなる「かごしま市景観づくり会議(ワークショップ)」のファシリテートを行い、市民とともにつくる地域の景観特性及びふさわしいルールを明確にした。
2010年CLA賞 調査・計画部門 優秀賞/発表者:大杉哲哉、十時裕、矢舗雅史)

受賞発表会展示ポスター(PDF)

 

大野城市ふるさと文化財保存整備活用基本計画

「ともに創る 個性輝くやすらぎのコミュニティ都市」を将来像に掲げる大野城市が、文化財に関わる市民や民間団体が連携しながら「ともに創る」ことを目指し、「連携による文化財を活かしたまちづくり」を基本理念として、すべての文化財に関する、今後の調査・保存・活用・整備のあり方についての計画を策定したもの。推進方策として、市民や民間団体と行政の連携(目的の共通認識、共働のあり方、地域の人材育成など)、文化財に関わる関係市町の連携(事業工程・工法等の調整、データベースの必要性など)、情報連携(インターネットや紙面・施設など、各種媒体を通じた情報提供)の研究に力を注いだ。
(2010年CLA賞 調査・計画部門 奨励賞/発表者:棚町修一、大杉哲哉、塚田和哉、貞清潔)

受賞発表会展示ポスター(PDF)

 

板付ドリチャン倶楽部〜「身近なまちなか、まちかどのランドスケープ」創造の試み

ランドスケープの調査計画設計業務とともに、ワークショップ等を活用して住民参加・協働を進め地域社会の問題解決にあたる当社は、新規事業として「公園前食堂チェーン」を発案し、その事業研究・社員研修及び社会貢献として、平成18年(2006年)6月から平成20年(2008年)に至る2年半にわたり「板付ドリチャン倶楽部」の名称で地域とともに民間版コミュニティセンターを試行した。またその中でコミュニティビジネスの研究となる「天神山公民館園芸イベント」を実施した。これらの内容と考察を発表したものである。
(2010年CLA賞 テーマ部門 奨励賞/発表者:堤八恵子、大杉哲哉、貞清潔、棚町修一、矢舗雅史、山田快広、田中美帆、椎葉司)

受賞発表会展示ポスター(PDF)

 

トップへ戻る

お問い合わせ

株式会社アーバンデザインコンサルタント
〒812-0011 博多区駅前2丁目12番26号 福岡Dビル2階
TEL:092-482-8001 FAX:092-432-8021
Copyright(c) 2003-2018 URBAN DESUGN CONSULTANT.INC Allright Reserved.