公園緑地・緑化


業務案内/ 公園緑地・緑化

公園緑地は、都市や地域の環境の改善、生物の生息・生育環境の維持、レクリエーションの場、防災機能、景観の向上、歴史的風土の継承や地域コミュニティの形成など様々な役割を持っています。計画・設計おいては、地域的な特性を踏まえ、住民参加や維持管理の視点とともに利活用を含めて提案します。

  • 緑の基本計画、緑地配置計画、街路樹基本計画
  • 公園施設長寿命化調査計画、バリアフリー調査計画、樹木緑化調査、保存樹調査、
  • 公園緑地計画設計、特殊緑化手法の計画設計、ビオトープの計画設計
  • 公園ワークショップ企画運営
  • 公園活用維持管理に関する調査計画

実績一覧

実績紹介

警固公園実施設計(福岡市)

求められる時代にニーズに対するリニューアル:まちなか交流拠点「天神の中庭」

九州最大の繁華街である福岡市天神地区の中心に位置する警固公園(A=1.1ha)は、周辺の土地利用や公園施設の老朽化により、再整備が望まれていた。また、防犯や夜間の騒音等の課題も抱えていた。
再整備にあたっては、「まちなか交流拠点、天神の中庭空間」として位置づけ、憩いと賑わい、安全で安心、回遊拠点の3つの空間づくりを基本方針として設計するとともに、周辺施設と一体的に利用できるよう配慮している。
また、リニューアルにあたっては、改修前の公園デザインを「土地の記憶」として出来るだけ継承した。
※2014年度グッドデザイン賞(都市づくり・地域づくり・コミュニティづくり)
 2014年度土木学会デザイン賞最優秀賞
 2015年度第26回福岡市都市景観賞大賞
 2015年度ランドスケープコンサルタンツ協会賞(CLA賞)最優秀賞
期間:平成23年

 

長崎水辺の森公園(長崎県)

周辺に立地する観光施設に配慮しながら計画・設計

長崎市常盤・出島地区の埋立地に市民が静かに憩うことが出来る空間として、また賑わいの空間として「水辺の森公園」を計画・設計した。
デザインにあたっては、周辺に立地する出島地区の施設やグラバー園、オランダ坂地区との連携を図り、長崎中心部の観光レクリエーションの拠点となる施設構成、施設内容に配慮した。
敷地内には、運河(水辺のプロムナード)、小劇場、芝生広場、水の劇場(流れ)を配置し、利用者の多様な活動を演出している。
計画・設計にあたっては、都市プランナー、ランドスケープ、照明デザイン、土木デザインの専門家によるアドバイザー会議との調整を行いながら実施した。
※2004年度グッドデザイン賞(建築・環境デザイン部門)受賞
期間:平成12年~15年

 

千早並木広場整備に係る実証実験業務(福岡市)

平成18年度より土地区画整理地区のシンボル的な空間整備を目指した検討をスタートする。平成19年度からは、広場の利用のあり方をイベントの企画・運営やワークショップを実証実験として検討を重ね、平成21年度に実施設計、21・22年度に整備工事を行った。
期間:平成18年~23年 面積:1.3ha

 

トップへ戻る

お問い合わせ

株式会社アーバンデザインコンサルタント
〒812-0011 博多区駅前2丁目12番26号 福岡Dビル2階
TEL:092-482-8001 FAX:092-432-8021
Copyright(c) 2003-2018 URBAN DESUGN CONSULTANT.INC Allright Reserved.