公益社団法人 日本造園学会


団体活動

団体活動 記事一覧へ

公益社団法人 日本造園学会

(公社)日本造園学会は、造園という伝統的な職能が蓄積してきた技術と文化のうえに、近代的な理論と科学的体系を構築することを目的として、1925年に設立されたわが国最初の造園学に関する学術団体です。約3,200人の会員を擁し、研究発表会・講演会・講習会・見学会および展覧会等の開催、機関誌および図書の刊行、調査および研究、学術および技術に係わる専門教育とその評価、関連諸団体との連絡および提携、業績および功労の表彰・奨励と援助、普及・啓発および提言などの活動を行っています。
2名の正会員を中心に、日本造園学会九州支部とランドスケープコンサルタンツ協会九州支部を結ぶとともに、九州支部大会においてポスターによる研究・事例報告を行っています。
今後は、ランドスケープ遺産の選定も支援し、次世代に繋ぎたいと考えています。

九州支部研究・事例報告風景 九州支部研究・事例報告風景
(ポスター会場)

当社の学会での事例報告・発表はこちら

トップへ戻る

お問い合わせ

株式会社アーバンデザインコンサルタント
〒812-0029 博多区古門戸町7番3号 古門戸中埜ビル 6 階
TEL:092-282-1788 FAX:092-282-1777
Copyright(c) 2003-2021 URBAN DESUGN CONSULTANT.INC Allright Reserved.