国史跡「求菩提山」石垣復旧整備設計(福岡県豊前市)


業務案内/ 文化財

文化財 業務実績一覧へ

国史跡「求菩提山」石垣復旧整備設計(福岡県豊前市)

求菩提地区には数多くの修験道にまつわる遺構や遺物を見ることができる。明治維新を迎え、求菩提山においても政府の方針から明治5年(1872)に「修験道廃止令」が出され、多くの山伏は山を降りた。修験の山は放置され、自然災害や樹木の成長により山は荒れ、坊の建物は損壊し、坊跡は樹木が繁茂し石垣の崩壊等が随所で見られるようになっていた。史跡地での歴史的景観を構成する石垣、樹木について検証を行い、石垣の修復を行った。
た。
※2012年ランドスケープコンサルタンツ協会賞(CLA賞)受賞
期間:平成23年~24年 面積:大牟田市内全域

トップへ戻る

お問い合わせ

株式会社アーバンデザインコンサルタント
〒812-0029 博多区古門戸町7番3号 古門戸中埜ビル 6 階
TEL:092-282-1788 FAX:092-282-1777
Copyright(c) 2003-2021 URBAN DESUGN CONSULTANT.INC Allright Reserved.